ダイビングスクールに通おう|海中生物に関する仕事に就く人も注目

男女
ボール

親睦を深めましょう

フットサルのルールや基本的な技術に慣れていくと大会に参加する事が増えてきますが、自分が所属するチームが大会を企画すると他チームとの親睦を深める事ができます。レベルに則したルールにしておくと怪我防止や楽しくプレーができるので、数ヶ月前から企画を立てていきましょう。

初心者講習の流れ

海中

その後の経験が重要

ダイビングスクールで初心者向け講習を受ける時には、大きく分けると学科講習とプール講習、そして海洋実習に分かれます。ダイビングスクールで講習を受ける申し込みを行うと教材を渡されて、自宅でDVDを見たり、クイズに答えてきます。後日ダイビングスクールを訪問して、クイズの答え合わせや重要な事項の説明を受けることになります。学科講習の最後には最終試験がありますが、自習と当日の解説をしっかり聞いていれば問題ありません。最近ではネットで学科講習を受ける選択もできるようになりました。プール講習は街中にある深さのあるダイビングプールを使う場合と海の近くのプールを使う場合があります。波がなく、透明度も良く、地面が平らなプールで行う講習は慣れていない初心者にとってストレスが少なくなるため、浅い海で行うプール講習より上達が早く、安全性も高くなります。講習料金が安いダイビングスクールは浅い海でプール講習を行うことがあります。海洋実習は、日帰りまたは1泊2日の日程で、関東地方であれば主に伊豆半島に、近畿地方であれば紀伊半島または越前海岸にいくことが多くなっています。ダイビングスクールのインストラクターとともにプール講習で実施したスキルを1つ1つ実施していきます。プール講習で行ったスキルを4回の海洋実習に分けて実施するため、水中を泳いでフィッシュウォッチングをする時間も多く取れますので、海の中に潜っている時間はあっという間に感じることでしょう。こうして取得したライセンスは世界のどこでも通用するものですが、それからの経験が重要なのは、自動車の運転免許と同じことなので、定期的にダイビングスクールを利用して、経験を積み、より上位のライセンス取得を考えて下さい。

サーフィン

サーフィンのスクール

初心者は自己流でサーフィンを練習するよりも、サーフィンスクールを利用した方がメリットが多いです。サーフィンの道具を持っていない人が、個人でサーフィンの道具を揃えると多額の予算が必要になりますが、サーフィンスクールを利用すれば安く借りられます。

バーベキュー

レジャーと食事を楽しむ

レンタルサービスを使えば自ら機材を揃えなくてもバーベキューを楽しめます。食材を買い込む必要もありませんので、朝早く起きずに済むのです。大阪でレンタルを利用する際は後片付けなど用意されているサービスプランに注目しましょう。